テッポウ

テッポウとは牛や豚などの直腸のことを指す俗称です。

脂が多く濃厚でコクがあり、とても柔らかい食感が特徴となっています。

噛めば噛むほど味が出てくるとされ、その味わい深さから根強いファンの多い部位でもあります。

腸の終わりの部分と言うことで大腸や小腸と比べると脂肪分が少ない傾向にあります。

テッポウという名前の由来は、切って開いた時の形が鉄砲に似ていることだと言われています。

直腸という部位の性質上一頭から取れる量が少なく、希少品だとされています。

焼き肉として食べられることが多いですが、意外にも煮込み料理にも適していると言われています。

もつ煮、もつ鍋などもいいですね。

焼肉屋でしか食べられないと思われがちですが、意外にも下処理済みのものが多くはありませんが流通しています。

ボイル済みのものの他、味付きのものも存在します。

栄養的にはホルモンとしては低カロリーだとされ、コレステロールはやや多めだとされています。

ビタミンKの含有量が高めなのも特徴です。タレで食べるのが美味しいと言われていることが多いようです。