シマチョウ

チョウとはいわゆるホルモンの一種です。牛シマチョウと呼ばれることもあり、牛の大腸を指す俗称です。

日本では焼くなどして食べられており、栄養価が高いことでも注目されています。

ホルモンの中でも人気の部位です。たとえばホルモンと頼むとシマチョウが出てくる店も地域によっては多いほどです。

その人気は栄養価が高いことというよりは、単純においしいという理由が大きいのだと思います。

多い脂肪が焼くと適度に落ち、落ちた油が熱された煙でいぶされたシマチョウには深い香りがまとわりつきます。

それと同時にコクも生まれるのです。

ちなみに何故シマチョウと呼ばれるようになったかというと、それはシマチョウの表面に縞模様があることが由来となっています。

ちなみに焼肉屋によってはシマチョウをさらに細分化し、大腸の中でも特に柔らかい上質な部分のことをシマチョウ、

それ以外のものをテッチャンと呼んで区別しているところもあります。

また関西地区ではシマチョウという呼び名ではなくテッチャンという呼び名が一般的となっている地域も存在します。