ホルモンの焼き方

ホルモンの焼き方はなかなか難しいです。

特に家庭で焼こうとすると難しいですよね。家庭でも上手に焼くことができる方法はないのでしょうか。

実はいくつかコツをおさえれば、家庭でもホルモンを上手に焼くことができますよ。

まず重要なのは、凍ったままの状態で焼かないことです。

冷凍ホルモンは冷蔵庫に移してゆっくりと解凍してから使います。

大体半日から一日かけてゆっくり解凍します。

そうしたらいきなり焼いてよいかというとそうではなく、まず電子レンジで気持ち温めるのがコツです。

ここでは火を通すわけではなく、焼く前準備として余計な水分を飛ばすためです。次にフライパンに油を薄く引いてしっかり熱します。

そうしたらタレでもんだホルモンを載せて焼いていきます。余分なタレは落としてから焼く方が上手に焼けますよ。

ホルモン同士がくっつかないように感覚をあけて置きます。

片面がほぼ焼けたらひっくり返します。大体30秒ほどが目安です。

もし油が出すぎてしまうようなら、その都度キッチンペーパーなどで吸い取りましょう。

両面が焼きあがったら出来上がりです。

料理をする夫婦